増田泰司 躁鬱患者 理解 うつ病の家族

親しい人や大切な人、家族が鬱になった際の対応方法




大切な家族がうつ病になってしまった・・・家族の方はどう接すれば
良いのか分からない、という方が多いのではないでしょうか。


自殺してしまうかもという恐れや生活していけるだろうかという不安、
いらだちや罪責感、やり切れなさ、家族の方も苦しんでいるのではないでしょうか。
ぜひ、増田泰司さんの『うつ病の家族への対応マニュアル』のホームページをご覧下さい。


>>>鬱病の人に接する際の重要なこととは!?<<<


『うつ病の家族への対応マニュアル』は、自宅で簡単に実践することが出来る
たった2つの対処法で、うつ病を抱える大切な家族と向き合いながら、
一緒にうつ病を改善していける秘訣を紹介
しているマニュアルです。


2つの対処法は、患者が弱音を吐いた時は、励ましたりせず
「そっか、そういう気持ちなんだね」と返す、
そして患者の気持ちを汲み取り「それはつらかったね」と返すという方法です。


簡単ですが、プロも使用する方法です。
もちろん、この2つだけでは対応しきれない場合もあります。


マニュアルでは、座る位置や共感の技法、効果的な質問法や沈黙への対応、
自殺をほのめかされた時の対応、やっちゃいけないこと、
本当に効果のある励まし方など
具体的なアドバイスが満載です。


うつ病の方にどう接するかで、病気の進行や回復が大きく変わります。
ぜひ、躁鬱患者へ必要な理解を増田泰司さんの
『うつ病の家族への対応マニュアル』のホームページでご確認下さい。


えっ?こんな簡単なことに気をつけるだけで、うつ病の家族がぐんぐん元気になるなんて!「うつ病の家族への対応マニュアル」


内臓脂肪とは